発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

北チャリ!(1日目;長万部町、洞爺湖町)

 

 

こんにちは、ミニマリスト大学生のhagiです。

 

2017年の9月に自転車で北海道を一周しました。

旅行コースや日程等を思い出しつつまとめておきます。

 

 

 

 

  

8月いっぱいは厚沢部町の農業バイトに行って12万ほど稼ぎました!

そこにいた自転車で日本一周している人にもアドバイスをもらいました!

 

hagi57.hateblo.jp

 

 

長万部

前日は函館で観光がてら一泊して、朝一の電車で大学へ自転車と荷物を取りに行きます。

朝9時頃に大学のキャンパスを出発しました!

長万部町は毛ガニと温泉が有名だった小さな町です。

現在は大学くらいしか大きな建物がありません。

長万部観光協会


f:id:hagi57:20180722160758j:image

 

ハンドルにかかっているのは朝食兼昼食のビーフンとおにぎり。

北海道で勢力を伸ばす「セイコーマート」はおかずが安いので助かります。

セイコーマート

 

 

 

まずは洞爺湖に向かいます。

 

北海道の夏はあまり暑くありません。

さらにこの年は涼しい年だったようで、このときはまだ快適でした。

ぽかぽか暖かい程度。

景色を見ながら自転車をこぎます。

 

静狩〜室蘭の間はひたすら山道で足が疲れます。

長万部町自体が山に囲まれているので、他に行くにはこれを超えていかなければなりません。

自転車にとってトンネルは自動車の轟音や風圧が恐ろしい魔の領域。

トラックが来ないことを祈りつつ、急いで通り抜けます。

 

自転車で北海道を一周すると宣言した際に

本州の人は「熊は出ないの?」

北海道の人は「山道でのトラックは本当に気をつけろ!」

 

実際危険度はトラックのほうが高いです。

トンネル内は昼間でも、ヘルメットと反射板、ライトは必ずつけましょう!

 

肉体的にも精神的にも疲れました( ;´Д`)

 

f:id:hagi57:20171214102102j:image 

 

でも途中でこういう景色が見られるから自転車旅行は楽しいです。

 

 

 

洞爺湖町

長い長いトンネルを潜り抜けてご15時ごろに洞爺湖に到着。

ほぼ休憩なしです。

 

f:id:hagi57:20180722160754j:image

 

まずは目に入ってきた洞爺湖ビジターセンターへ。

かつて洞爺湖では阿蘇山が噴火して多くの犠牲者が出たそうです。

噴火のシミュレーションなどの展示や、実際の建物などもあってなかなか見ごたえがありました。

洞爺湖ビジターセンター火山科学館

 

 

その後はお土産屋さんをめぐって温泉へ

これがおいしかったです。

「いも」と付きますが、使っているのは豆だそうです(笑)

 

 

 

この日は洞爺湖のほとりのキャンプ場で野宿。

仲洞爺キャンプ場

 

花火大会があったらしく、遠くで花火の音がしていました。

テントを持っていかなかったので、寝袋をブルーシートに包んで寝ました。

想像できない人はいづれ写真が出てきます。

そのままこのシリーズを読み進めてください。

 

 

 f:id:hagi57:20171214103644j:image

 

 

 

この日の夕飯は

・食パン2枚

カロリーメイト

・チョコレート

 

とかだった気がします。

 

次の日も早いので早めに就寝。

近くに「キムンドの湯」という温泉がありましたが行きませんでした。

 

明日はアイヌ博物館のある白老町(しらおいちょう)に向かいます。

 

f:id:hagi57:20180728181210p:image

 

次の記事

hagi57.hateblo.jp

 

 

 

↓クリックしてもらえると嬉しいです↓

 

 

 

それでは。