ミニマリスト大学生

全てのミニマリストに捧ぐ!

ミニマリスト大学生の超節約術!

 「今月も浪費が止らない今月も浪費が止らない」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

 

 

こんにちは、ミニマリスト大学生のhagiです。

 

 

どこへ行っても必ず浪費癖のある人っていますよね!

本人が満足しているのならいいですが、苦労している人を見ると大変だな...と思います。

 

自分は、稼いだお金をできるだけ自分のためになることに使いたいので、出費にはかなし厳しいです。

人から聞いた話ですが、目的があってお金を貯めこんでいる人は「ケチ」ではないらしいですよ!

相当にストックなミニマリスト大学生の浪費防止策を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ミニマリスト大学生の出費(概要)

 

別記事で書いているのでそちらを参考に。

結構多めに見積もっていたと思ったが、最近迫ってきた。

 

hagi57.hateblo.jp

 

ミニマリスト大学生の家計簿(4月) - ミニマリスト大学生

ミニマリスト大学生の家計簿(5月) - ミニマリスト大学生

ミニマリスト大学生の家計簿(6月) - ミニマリスト大学生

ミニマリスト大学生の家計簿(7月) - ミニマリスト大学生

 

 

ミニマリスト大学生のおすすめ節約術

 

お金を持ち歩かない

確かにこれなら使いようがありませんよね!

最悪の場合、人に借りることになります。

急に大量のお金が必要になる事はごく稀なので、払うことが事前に決まっていたら、ピッタリ用意して持っていきましょう。

 

 

お店によらない

用もないのにお店に行くのは節約している人にとっては自殺行為です!

「新商品!」「割引!」「限定品!」の札は悪魔の誘い...!

衝動買いを封印して、浪費をできるだけ抑えましょう。

その場で購入せずに、良く調べてから購入する失敗や後悔が減らせます。

コンビニでの公共料金の支払いサービスも、誘惑が多いことを考えると利用すべきか?

 

 

公共施設を使う

家にいるだけでもお金は減っていきます。

電気、水道、ガス、トイレットペーパー etc.

できるだけ普段から図書館や公民館などの公共施設を利用する癖をつけておきましょう。

電気、暖房、トイレなど全部タダで使えるというのは素晴らしいことではないですか?

場所によってはWi-Fiやコンセントが使えるところも!

本を読んだり、勉強したり、有意義な時間を過ごすこともできます

 

 

 

乗り気でない誘いはきっぱり断る

自分のためにならない飲み会や乗り気でない誘いは断りましょう

全部出ていると「あいつは誘えば来てくれる」と思われて悪循環に陥ります

ノリが悪いと思われても、それほどの仲でないのなら問題ありません

 

 

 

人の目を気にしない

みんなが持っているから大して興味のないグッズを買う、ブランド物のバッグをいくつも持つなど思い当たる事はありませんか?

日本人は他の国に比べて主体性が低いと言われています

人に合わせる事で落ち着く人は別に構わないと思いますが、人に合わせる事で苦しんでいるのであればそれは時間とお金の浪費でしかありません

多少変わっていると思われても、自分が楽しければいいと思います(他人に迷惑を掛けるのはどうかと思いますが)

 

 

 

本当に好きな事にお金をかける

本当に好きなものを見つけて、それにお金をかけようと思ったら他の消費を減らす必要があります

自分は好きな物のためにケチになる事は悪いことでは無いと思います

何かお金を貯める目標を立てましょう!

(自分は海外旅行にバックパックで行くことを目指してお金を貯めています!)

 

 

 

間食をしない

どちらかというとダイエットとかで見る文面ですね

間食 = 予定外の出費の事が多いのではないでしょうか?

たとえそうでなくとも間食は食事のリズムが崩れて食費がかさんだり、体調を崩して医療費がかかったりと色々リスクが高いです

それに絡めると、健康でいることも浪費を減らすことにつながりますね!

 

 

まとめ

お金の使い道は基本的に


・投資・消費・浪費・貯金

 

に分けられるという言葉をどこかのブログで読みました。

理想としては浪費を減らして投資に回したいところです。

一見「貯金」もよさそうですが、貯金はお金が増えません。「投資」といっても株やFXだけでなく本を買ったり、セミナーに行くなどの「自己投資」もあります。

無理なく節約を続ける方法は

「お金は使いたいところに使い、使いたくないところに使う分を減らす」

のが基本スタンスですかね!

 

 

関連記事

hagi57.hateblo.jp

hagi57.hateblo.jp

 

 

 

 

↓クリックしてもらえると嬉しいです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。