ミニマリスト大学生

全てのミニマリストに捧ぐ!

おせちの中身

 

 

明けましておめでとうございます!hagiです

 

 

今日も朝からバイトで正月という概念が全く存在しません(T ^ T)

 

 

正月といえばおせち料理ですね。

おせち料理には縁起をかついだ食材がたくさん使われていることをみなさんはご存知ですか?

 

少しでも正月気分を味わうために、今回はおせち料理についてまとめてみました!

 

おせち料理とは

もともと季節の変わり目の節句節供)に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と呼んでいましたが、やがて、節句の中でも、もっとも重要な正月の料理のことを「おせち料理」と呼ぶようになりました。おせち料理はお正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。ですから、五穀豊穣、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りを込めた、海の幸、山の幸を豊富に盛り込んだものなのです。

yおせち料理大事典|紀文のお正月

 

 

元は「お節料理」だったんですねー。

結構意外でした!

 

ではそれぞれの料理に込められた願いを見に行ってみましょう!

 

紅白は祝の色
日の出の象徴する
紅はめでたさと慶び、白は神聖を表す


【伊達巻】
昔の大事な文書や絵は巻物だった


【錦玉子】
黄身と白身の2色が金と銀にたとえられ、2色を錦と語呂合わせしている


【栗きんとん】
黄金色に輝く財宝に例えられる。栗は「勝ち栗」と言って、縁起がよい


【黒豆】
「まめ」は元は丈夫・健康を意味する言葉

「まめに働く」などの語呂合わせ


【昆布巻】
昆布は「喜ぶ」にかけられている

【田作り】
小さくても尾頭付き
五穀豊穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから田作りと呼ばれる。

【数の子】
二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたい

【菊花かぶ】
冬が旬のかぶをおめでたい菊の形に飾り切りした


【小肌粟漬】
出世魚なので縁起がよいといわれている。黄色はクチナシで染めた粟で、五穀豊穣を願う


【えび】
長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願う


【お多福豆】
「阿多福」という字が当てられる
形が、ふくよかなおたふくの顔に似ている


【ごぼう】
細く長く地中にしっかり根を張る

【するめ】
「寿留女」の字をあて、結納の品として使用された


お重詰めは「福を重ねる」意だそうです!

 

それでは!

 

 

 

人気ブログランキングへ