発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

引用の仕方

 

 

こんにちは!hagiです

 

みなさんはブログに引用をするにあたり、明確なルールが存在することを知っていましたか?

(ブログに限りません)

自分はこの前授業で知りました(汗)

今回は正しい引用の仕方を勉強したいと思います!

 

f:id:hagi57:20180104071317j:image

 

①引用とは

著作権法32条は引用について以下のように述べています(一部)

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

 

このブログの引用の目的は報道と研究ですかね

 

引用は作品の半分未満でなければなりません

半分以上は盗作となる恐れがあります

また必ず引用とわかるような印を付けましょう

はてなブログではここに引用用のアイテムがあります

 

 f:id:hagi57:20180104065917p:image

 

f:id:hagi57:20180104065906p:image

 

引用部分には必ずつけましょう! 

 

 

後、気になるのが漫画やアニメの一場面をブログに貼り付けるのがアリなのかです

分からないと貼れなくて困ってます( ̄^ ̄)

 

調べていると、色々な回答がありますが、大体言っていることは同じです

・漫画のページやアニメのキャプチャを貼るのはまずい

・キャラクターを自分で書いて貼るのはグレーゾーン(違法だと言う意見もあります)

・セリフの引用やキャラクター名は引用のルールに基づけばOK

・ディズニーには触れてはいけない(とても厳しい)

 

youtube」でよくある「〜3分で描いてみた」やpixivなども本当は微妙っぽいです

 

しかしそれらが罰せられない理由として、こんな記事を見つけました

 

現在の風潮として、Disney社などの一部の例外を除き、そのようないわゆるファンアートの類は黙認されているのが現状です。
理由は、一つには数が多すぎて取り締まっていられない為。
もう一つ、それらの画像は一種の宣伝になっているので根絶することが作品にとってマイナスである為。
参考までにアメリカの著作権法にはFair-Useという概念があり、非営利のファンアートなどは合法です。

www.google.co.jp 

 

 

第三者がイラストを描いてネットにアップすると言う概念が出てきたのが、そもそもかなり最近のこと

著作権法でも判断が難しいようです

原作の映画化などでも結構大変そうですよね

 

そんな中で堂々とキャラクターや本の表紙を載せられる方法がありました!

それは「アフェリエイトの広告リンク」

(´;Д;`)あっ...言われてみれば

ほぼ解決ですね

 

 

という事でまとめです

・キャラクター名とセリフは引用可能

・イラストはアフェリエイトで表示

 

ブログにかかわらず全ての著作物について言える事なので注意しないと...

 ブログに貼る画像にも適用されるので自分は著作権フリーの素材を使っています

 

 フリー素材 - ミニマリスト大学生

 

 

それでは!