発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

「すごい効率化」

 

 

こんにちは!hagiです

 

昨日読んだ本のアウトプットをするためにこの記事を書いています

興味を持った方はぜひ読んでみてください!

 

 


すごい効率化 [ 金川 顕教 ]

 

 

 

この本の著者である金川 顕教さんは

 

偏差値35から大学進学を志し、2浪の末、立命館大学に入学。大学合格発表直後 から受験勉強を資格試験に切り替え、毎日16時間以上の勉強を続け、在学中に公認会計士試験に合格する。卒業後、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。◉──新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生 が送れる」と思ったのも束の間、自分自身の時間が削られていく不自由さに耐 えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。睡眠時間をはじめ、あらゆる無駄を削り、副業に費やす時間をつくる。ついには副業で 給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、4年間で約9億6千600万円を売り上げる。サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を20代で手に入れる。

金川顕教オフィシャル WEBサイト

 という経歴を持ったすごい人です

図書館にこの人の本がまとめて置いてあったので読んでみることにしました

 

 

現代の人はやらなければならないことがたくさんあります

細かい積み重ねでも時間の短縮を行っていけば自分の時間が作れます

 

 

 

ショートカットキーの活用

パソコンの操作でマウスを使っている人は多いと思いますが、いちいちキーボードからマウスに持ち替えて操作をする手間が積み重なると、チリツモで時間の浪費になるそうです

自分も今練習中ですが、使い道が多そうなのは

Ctrl + A   全選択

Ctrl + C   コピー

Ctrl + V   貼り付け

Ctrl + W   ブラウザを閉じる

です

あとウィンドウマークとの組み合わせも使いやすいです

 

 

 

ブラインドタッチ

もし2000字の原稿をwordで1日1枚打つ際にキーを見ながら1文字打つのに0.6秒かかる場合とブラインドタッチで1文字打つのに0.5秒かかる場合では1日に200秒=3分20秒、1年に73000秒=20時間16分40秒の差がでます

 

タイピングの練習は最近少しサボり気味だったので再開したいと思います

今はe‐タイピングの長文をやっています

 

 

 

30分間の朝活、夜活

自宅ではない別のところで集中する時間を作ります

この時間は必ず死守しなければならないと筆者は言います

何か予定があったら、その前に時間をずらして終わらせてしまえばよいそうです

 

 

 

 

チェックリストには優先順位を

チェックリストの悪いところはどのタスクが重要なのかがわからない点にあります

これは思い当たるフシがあります

やりたいことから潰していくと、いつもやりたくない仕事だけが残って次の日に行きます(涙)

 

 

 

 

選択に時間をかけない

 人生における大きな選択のことではなく、ランチメニューなどの些細なことです

選択するのは疲れるという意見に強く共感しました

自分はその日食べるお菓子でも30分ほど選ぶのに時間を使います

自分でルールを決めておくというのも使えそうです

 

 

 

 

見切り発車する

計画を100%立ててから何かを行うよりも、ある程度大枠が決まったら動き出してその都度修正をかける

タイ旅行の予定が余り立っていませんが、ひとまずパスポートの申し込みが終わったら、飛行機をとってしまおうと思います。

 

 

 

 

 

金川さんはこの本の中で、これらの実行のためにははっきりとした目標を決めることが大切だと述べています

やはり目標がないとモチベーションが上がらないという意見には強く同意します

 

 

自分は日々の生活を効率化して、バイト、旅行、人と接する時間を増やしたいと思っています

最終的な目標は自分磨きですかね

できることから少しずつやっていきたいと思っています!

 

 

ぜひ読んでみてください

すごい効率化 [ 金川 顕教 ]

 

 

それでは!