ミニマリスト大学生

全てのミニマリストに捧ぐ!

面白かった本

 

 

こんにちは!hagiです

 

 

小学校の頃から本が好きでした

今も時々読んでいます

本当は自分は理系より文系の方が向いたんじゃないかと思うときがあります(^_^;)

好きなジャンルはSF、ファンタジー系です

  

それではいってみましょう!

 

 

 

ハリーポッター

 


ハリー・ポッターと賢者の石

 

幼い頃に両親をなくし、親戚のもとでこき使われていた少年ハリーは11歳の誕生日に両親が魔法使いだった事を知らされる

そしてハリーは魔法学校ホグワーツの生徒として友人のロン、ハーマイオニーと共に数々の冒険をする...

 

もはや有名すぎて説明はいらないかと

自分は1話を映画で見てから本を全巻読んで、残りの映画を見ました

映画で流れを知ってしまうときちんと文字を追わなくなってしまいがちなので、できれば本から入って欲しいです

原作はいい英語の勉強になると友人が言っていました(ーー;)

 

 

 

ダレン・シャン

 


 ダレン・シャン(1) 奇怪なサーカス

 

蜘蛛好き少年ダレンは、街にやってきたフリークショーに出ていた巨大グモ、マダム・オタクに魅せられてそのクモを盗んでしまう

しかし友人のスティーブがマダム・オタクに噛まれてしまい昏睡状態になってしまう

ダレンは友人の命と引き換えにバンパイヤのクレプスリーの弟子となり、非日常なバンパイヤの世界へと足を踏み入れていく...

 

読み終わったあとにもう一周したくなるはずです(読めばわかります)

ハリーポッターと比較すると、伏線が多いこと、残酷なシーンが多いことが違います

上2つはファンタジー好き必見です!

 

 

 

不思議を売る男

 


不思議を売る男

 

エイルサの母親が営む古道具屋に転がり込んできた謎の男MCC

彼はエイルサの所に住まわせてもらう代わりに、客に古道具にまつわる不思議な話をする

それらは皆彼によって作り上げられたもののように思えたが、彼の不思議な話に皆引きこまれていく...

 

古道具ごとに章が分かれています

毎日1話ずつ読むのもいいかも

終わりが謎ですが特に調べませんでした

 

 

 

モモ

 


モモ (岩波少年文庫) [ ミヒャエル・エンデ ]

 

モモはいつもブカブカの服を着た孤児の女の子

彼女は友達のジジやベッポじいと日々楽しい生活を送っていたが、謎の灰色の男たちによって周りの人たちがつきつぎと豹変していく

いったい彼らに何が起こったのか

モモはかつての日々を取り戻すためにマイスター・ホラと灰色の男たちに立ち向かう...

 

派手な描写はまるでありませんが、読んでいてワクワクします

小学生の頃に読んだのですが、とても長いです

はじめはつまらなく感じるので挫折する人多数

後になってつながりがわかるので面白くなってきます

 

 

 

神秘の島

 


神秘の島(第2部) (偕成社文庫) [ ジュール・ヴェルヌ ]

 

南北戦争でのさなか気球が嵐に巻き込まれ、無人島にたどり着いた5人の男性たち

優れたリーダーである技師サイラス・スミスの指揮のもと、持ち物がほぼ0の状態から彼らは無人島を開拓し豊かな生活を送るかと思われた...

 

同じような話に「2年間の休暇(十五少年漂流記)」と「ロビンソン漂流記」がありますが次の3点でこの作品をおすすめします

・本当に何もない状態からのスタート

・7人というちょうど良い人数

・時折起こる不思議な出来事

三部構成で少し長めですがもっと知られて欲しい!

 

 

 

 

どうでしたか?

記事を書いて気づいたことは表現能力がなさすぎるということ

昔読んだ本なので、今読むとまた違った感想を持ちそう...

 

小学校卒業後はあまり本に触れる機会もないのに加えライトノベルの読みやすさにハマってしまい、しばらくちゃんとした本から離れていました

 

大学に入ってまた読書の楽しさに気づきました

最近読んだ本は

私は貝になりたい」と「1Q84

 

かつて挫折した「1Q84」ですが、改めて読むととても面白かったです

(なぜ挫折したのかが甚だ疑問)

 

 

それでは!

人気ブログランキングへ