発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

電子化して良かったもの、電子化してほしいもの

 

「タブレットとアイコンを見つめるあひるちゃんタブレットとアイコンを見つめるあひるちゃん」のフリー写真素材を拡大

 

 

 

IT化が進み、多くのものがデータとして管理される時代になった。

ミニマリストにはうれしいことに、持ち物がスマホだけで済むようになる時代もそう遠くはない。

今回は電子化して良かったもの、もっと電子化を進めてほしいものを挙げてみる。

 

 

 

写真

写真はかさばる。分類も面倒だ。

実際のものと違い、写真は古くても新しくても触り心地や形は変わらない。

電子化した方が分類もしやすいし劣化することもない。

クラウドストレージを使えば場所をとることもない。

 

 

 

CD

在勤では音楽をデータで購入することができるようになった。

ストリーミングサービスでは、一定の料金を払えば音楽が聴き放題。

セキュリティー面も強化されてきた。

英語の問題集を買ってくると後ろにCDがついていて「MP3ファイルで取り込めます」的なことが書いてあるけど、そもそもパソコンにCDの読み取り装置がないからできなかった。(できても面倒)

最近では問題集に記載されているURLを打ち込むと音声データのダウンロードページに飛ぶようになってきた。

CDは取り込んだら基本いらないのでデータのほうが会社側もコストを抑えられると思うよ!

 

 

 

DVD

CDと理由はほぼ同じ。

プライムビデオ、Netflixなどの有料配信サービスが力をつけてきている。

TSUTAYAもDVD郵送サービスとかやってるけど将来的にはなくなるんじゃないかとにらんでいる。

 

 

 

ポイントカード

とにかく財布がかさばる。

かつてのiPhoneにはおサイフケータイ機能がついていなかった。

(日本の規格がガラパゴスだったかららしい…)

ようやくiPhone7から使えるようになった。

 

 

 

お金

日本はとにかく電子化が遅い。理由には偽札の少なさがあるらしい。先進途上国ではむしろ現金に対する信頼度のほうが低い地域もある。

古い考えに縛られない若い世代が出てきたおかげで少しづつ普及しているが、まだまだ道は遠い。

出かけるときはどうしても予備で千円札を手放せない。

 

 

 

診察券

「診察券アプリも出ているよ」といわれるかもしれない。しかし実際のところ使えるのはほんの少し。自分の病院が対応しているかもわからないし、写真を撮って持って行ってもきっと相手にされない。

そもそも診察券はICチップが入っていたり、次の診察日を書き込む欄があったりするため電子化は難しい。

このような理由はあるが、診察券はポイントカードの次に枚数が増えやすいカードである。

早く一本化してくれ!

 

学生証

もう手に埋め込んだらどうだろうか。

そうすれば他人に学生証を預かることもできなくなるし、身分証明が楽になると思う。

 

 

 

教科書

他学科の友人が分厚い教科書を持っている。通称は「マクラ」。うん万円とするので仮にデータ版があっても買いなおしはできないとなげいていた。

大学や企業も電子書籍版を押せばいいのに。

 

 

 

ノート

ノートをパソコンで撮る風潮が広がらない。

パソコンを机上に出していて怒られる時代ではなくなったが、相変わらず紙が100%

企業では電子ノートも普及しつつあるらしいが教育現場での普及にはもう少し時間がかかりそうだ。

かくいう自分も紙のノートを「One Note」でスキャンしてデータとして持ち歩いている。

 

 

 

個人的には迷うところ

人に貸すことが困難になる。購入しなければならない。図書館で電子版を貸し出せばいいのかもしれないが、それでは本が売れなくなってしまう。