発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

ミニマリズムってどんな考え?ミニマリストってどんな人?

 

 

こんにちは、ミニマリスト大学生の hagi です。

 

一時期「断捨離」に次ぐブームとして現れた「ミニマリズム」。

聞いたことがある人は多いと思いますが、それらの言葉の意味をきちんと説明できる人はなかなかいないのではないでしょうか? 

今回は「ミニマリスト」そのものについて書いていきます!

 

 

 

 

 

 

ミニマリストとは?

まずは言葉の定義を辞書で調べてみました。

探した中では「知恵蔵」の説明が詳しかったのでそれについて考えてみましょう。

文章がだいぶ長いので細切れにしていきます。

 

 

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、その後日本でも広まったと見られる。

 

ミニマリスト」と聞くと、すぐに「物が少ない人」という考えに至る人は多いかと思います。

間違ってはいませんが、ミニマリストは数少ない持ち物を非常に大切にします。

中には一つのものに対してすごい量のお金をかける人もいます。

モノが少ないからと言ってお金がないわけではないのです。

ちなみに「ミニマリスト」の対義語は「マキシマリスト」です。

 

 

何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりするほか、誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。

近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして生きづらさを感じる人たちが増え、自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと共感が広がっているようだ。

 

かつてから存在した「ミニマリズム」ですが、最近のブームは環境面というよりも精神面からのブームのように思えます。

多くのミニマリストが、かつては大量のものに囲まれて暮らすマキシマリストだったようです。

贅沢な暮らしから貧しい暮らしへの転落や、東日本大震災でモノを失ったことで、身の回りのものに対する見方が変わってミニマリストになる人が多いです。

 

必要な物だけを持つミニマリストの思想は、10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方と言える。

 

 

2010年に「断捨離」が、2015年に「ミニマリスト」が流行語大賞にノミネートされました。

ちなみに

2010年の大賞は「ゲゲゲの」

2015年の大賞は「爆買い」だったそうです。

 

 

 

ミニマリスト」という言葉の登場

海外で「minimalist」が使われたのはこれが最初らしいです。

TEDによる世界中への影響は大きいのでここから広まったと考えるのが自然です。


The Art of Letting Go | The Minimalists | TEDxFarg

 

音声は英語ですが、日本語翻訳付きなのでサラッと見られます。

 

 

 

日本での検索記録を見ると

f:id:hagi57:20180823124157p:plain

2014年ごろから検索はされていて、2015年に検索数が急上昇しています。

その後も減少することなく高い人気を誇るワードであることが分かりますね!

 

 

ということで今回はミニマリストという言葉について主に取り上げました。

実際にミニマリスがどのような生活をしているかなどは引き続きブログ中で取り上げていきたいと考えています。

 

ランキング参加中

ポチってくれるとありがたいです!

 

 

それでは!