発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

大学生は将来への準備期間だ!ダラダラしてるとあっという間に終わるぞ!

 


「ノートと筆記用具ノートと筆記用具」のフリー写真素材を拡大

 

 

 

勉強が嫌になったとき、「なぜ大学にいるのか」をよく考える。

受験期における「なんでこんなに必死に勉強してるんだろう」と一緒だ。

受験期は第一志望校に合格することが最大の目標だった。

合格すればみんながほめてくれた。

しかし就職となるともう自分のことになってくる。明確な目標を持っている人はそこまで多くないのではないだろうか。近くにもどうしてこの大学に来たのかわからないという人がいる。

 

一つ言えるのは一生懸命過ごしてもダラダラ過ごしても大学にいる期間は同じだということ。(留年しなければ)

就職に直結しなくても何かやるべきだと思う。

特に将来の目標が大学に通っている人

大学と言う世間から守られている世界では自分の使い方次第で大きな差をつけることができる。

 

将来は好きなこと暮らしたい。

そのため大学にいる期間にできるだけお金の節約の仕方を学んで浮いた分の仕送りを使って将来の資金を作りたいと思っている。

 

勉強は贅沢な趣味だと思ってやっている。

勉強する過程で無駄な事はないので学んだことは身に着けたい。

大学に通わせてもらっている身としては意識が低いかもしれないが、何の目標もなく4年間を無駄にするよりはいいと思う。

 

周りには仕送りを全部送ってもらっている人や、実家暮らしで全くバイトをせずに遊んでいる人もいる。

 

・ブログのマネタイズ化をする

・安定した投資の仕方を学ぶ

・節約生活に慣れる

・「これだけは」といえる特技を身に着ける