発想転換炉(考えのゴミ箱)

思いついたことをひたすら記事にしていきます。

将来の夢!大学行く意味あるのか?

f:id:hagi57:20180621225949j:image

 

今回は将来やってみたいことについて書いていく。

 

 

 

・山で自給自足

物減らすようになってからものだけでなく社会のルールや人間関係のしがらみを面倒に思うことが多くなった。

自分の中にはおそらく新しいことに挑戦して人と関わることが好きな人格と静かに1人でいたい人格がいるようだ。

山奥に小さな小屋を建てて必要最低限の暮らしをしてみたい。人が恋しくなったら山から降りてくればいい。

イメージで言うと宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」みたいな生活。

野菜は自分で育て、鶏を飼って、ブログで収入を得て暮らしたい。

そのようなブログを探してみたがいまいち見つからない..

 

 

 

・リゾートバイトで全国巡り

長期休暇などに多いリゾートバイトは主にホテルや旅館のベッドメイキングや皿洗いなどが多い。(去年のホテルは布団上げだった)

hagi57.hateblo.jp

 

長期のアルバイトとなるので、元から寮や食事がついてくることも多い。そうすると生活費が実質0円となるので、少ない収入でも十分生活していける。

全国のリゾートバイトを1ヶ月ごとに回って47都道府県を制覇してみたい。

これなら嫌な人や仕事内容が回ってきても、1ヶ月の我慢だと思えばやっていける。

 

 

 

 

・都会か田舎でフリーランス

レンタルオフィスを住処にして、昼間はブログやランサーズで収入を得て暮らしたい。

レンタルオフィスは貸した収入で家賃が払える。(実際にやっている人かいるので真面目に検討)

 

田舎なら激安家賃の狭い物件を借りてのんびり暮らしたい。

 

 

 

挙げた案からわかるように、現在は真面目に働きたくない症候群が激しい。実際なんのために大学に行っているかわからない状態になっている。

しかし全てに言えるのは、多少リスクを負って動くなら、元手となる資金が必要だということだ。そのために大学では稼いで増やすことを目標にする。

 

 

好きな事だけをやるなんてのは理想論という人もいるが、昔と違って現在の社会は目まぐるしく変化している。

ユーチューバーなどという職業が登場するなどと誰が想像しただろうか。

個人的にいま注目しているのは「プロ無職」という職業。

 

何はともあれ、死ぬ直前に自分の通ってきた道を悔やむことがないよう、できることはやっていきたい。

行動あるのみ!

 

 

それでは。