ミニマリスト大学生

全てのミニマリストに捧ぐ!

題名を忘れた本のメモ

こんにちは、hagiです。

 

題名通りのゴミ記事

機会があればリライト予定

 

ユーザーの目的
 どんなキーワードなら欲しい情報が得られるかを考えて検索
検索エンジンの目的
 利用者の検索したキーワードに関して順位をつけ他サイトを提供

 

検索ユーザーにとってのキーワード選びは情報の取捨選択だが、我々にとってはターゲット層を明確にすること

 

 

1.WEBサイトを構築している「HTML」内の重要なポイント「タイトルタグ、メタタグ」に検索ユーザーが打ち込んだキーワードが使われているか

 

SEO検索エンジンの判断基準に合わせてWEBサイトを用意する行為
リスティング広告…お金を払うことで検索結果の上位に表示してもらうこと

 

稼げるキーワードとは
 ライバルが少ないキーワード
 購買意欲が高いユーザーが好んで使うキーワード

 

複合キーワードはユーザーの欲求を読み取れる

 

googleからの評価も大切
 自分のホームページが検索エンジンのデータベースに含まれているか
 ホームページにキーワードが含まれているか
 キーワードが多すぎて検索結果からはじかれていないか


これらを考えておこなうのが「SEO最適化(検索エンジン最適化)」

 

 

「知る」ためのキーワード 例)「チューリップ 花言葉
「する」ためのキーワード 例)「スイーツ 通販」
「行く」ためのキーワード 例)「amazon

購買意欲が高いのは「する」ためのキーワード

 

ビッグキーワード(野球など)ではなくミドル、スモールキーワード(野球 ユニフォーム オリジナルなど)を狙う


ビッグワードではその人の求めているものがはっきりしないし、リスティング広告も大手が多すぎて割り込むことができない


ユーザーをしっかり絞ってその人に向けたキーワードを考える


自分の強みやサービスを書きだし、競合サイトに勝てるところを書いていく


その後、自分のサイトを訪れる人を明確にイメージ、20個ほど書き出してみる


時間キーワード

「site:自分のサイトのドメイン」で自分のホームページがどれくらいgoogleのデータベースに登録されているかがわかる

 

 

ツール
google Adwordsのキーワードプランナー
goodkeyword
Q&Aサイトのキーワードを使う
キーワードの「意味」をずらす
共起語語検索
googleウェブマスターツール

SEOチェキ!

人気ブログランキングへ